【全日本艶鱗会】へ                                      【まるこう金魚】へ

【注意・お願い事項/マニュアル記事一覧】のページへ                       【相談・質問メールフォーム】へ

金魚 伝心伝承 / 金魚飼育参考書 金魚飼育..ワンポイントアドバイス集!


いらっしゃいませ。

【金魚 伝心伝承】Link-Banner
Author : 金魚菩薩 ( かずぱぱ )
金魚 伝心伝承 SITE-LOGO
〔 徳島県 小松島市 〕
【まるこう金魚】へ
〔 金魚愛情飼育友の会 〕

【全日本艶鱗会】

金魚菩薩の ... つ・ぶ・や・き ...

----------------------------------

ブログ村 👍 / FC2 拍手 👏


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ web拍手 by FC2

まるこう金魚  Facebook

リンク用 バナー

【金魚 伝心伝承】Link-Banner

【金魚 伝心伝承】Link-Banner

【金魚 伝心伝承】Link-Banner  【金魚 伝心伝承】Link-Banner


  • 当ブログはリンクフリーです!..相互リンクも常時募集中です!..お気軽にお申し出下さいませ。
  • 当サイトをご愛顧・ご活用頂いてる..サイト&ブログ運営者の方は是非!..当サイトのリンクバナーを貼って頂けましたら幸いです。
  • リンクバナーは右クリックで貴方様のPCのマイピクチャに「画像保存」してからお使い下さい。
  • 商用目的等の..相互リンクは..お断り致します!
  • 友好交流目的であれば..金魚サイトの他にも..全ペット系サイトから..釣り関係サイトに..一般ブログサイトも..相互リンクは..お受け致します。


【まるこう金魚】“FC2 ショッピングカート”へ

【全日本艶鱗会】

Access - Analyzer

ブログガイド 評価認定証

登録サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ  GyoNetBlog ランキングバナー

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ  にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

Facebook

Facebook

Twitter


相互リンクサイト (Ⅰ) 信頼のSHOP

◎ 管理人(菩薩が絶賛)お薦めします..「安心・信頼」 & 「お客様重視で良心的」 & 「理念・信念」 の確たる優良店‼
----------------------------------

💗 My Friend Link 💗

Link / Bookmark

ブロ友 申請フォーム

▶ 〔 金魚菩薩 と ブロ友になる 〕

↑ ココをクリック! ↑

💗FC2 user ブロ友(心の友)💗 一覧

今日の月齢

Today's Moon phase

潮 汐 表

週間天気WIDGET

2015 ~ 2017 年  産卵 ~ 孵化日

〔 2017 年 〕
●( 蘭 鋳 ) 1腹目
  --/-- 産卵 ⇒ --/-- 孵化

●( 蘭 鋳 ) 2腹目
  --/-- 産卵 ⇒ --/-- 孵化

●( 琉 金 ) 1腹目
  --/-- 産卵 ⇒ --/-- 孵化

●( 琉 金 ) 2腹目
  --/-- 産卵 ⇒ --/-- 孵化


〔 2016 年 〕
●( 蘭 鋳 ) 1腹目
  03/31 産卵 ⇒ 04/03
  完全無精卵により流しました。

●( 蘭 鋳 ) 2腹目
  04/14 産卵 ⇒ 04/18 孵化

●( 蘭 鋳 ) 3腹目
  04/22 産卵 ⇒ 04/26 孵化

●( 琉 金 ) 1腹目
  04/02 産卵 ⇒ 04/06 孵化


〔 2015 年 〕
●( 蘭 鋳 ) 1腹目
  04/03 産卵 ⇒ 04/07 孵化

●( 蘭 鋳 ) 2腹目
  04/04 産卵 ⇒ 04/08 孵化

●( 琉 金 ) 1腹目
  04/02 産卵 ⇒ 04/06 孵化

金魚飼育..ワンポイントアドバイス集!

このブログは..管理人の長年の金魚飼育経験及び..検証結果に基づく飼育管理方法や飼育環境から..その他飼育関連のアイデア等についての内容と..金魚の病気治療方法から飼育環境の改善方法まで!..金魚の飼い方についてのアドバイス的なサイト内容となっております。( 宜しければご参考にどうぞ! ) 〔 規約/注意・お願い事項 〕〔 飼育管理/治療管理参考書記事一覧 〕
その他..日常の金魚飼育日記や..私生活日記に..磯釣り釣行記なども..面白おかしく綴っております。



〔 金魚飼育..ワンポイントアドバイス集 〕

◎ ( ワンポイントアドバイスが増える毎に追記して行きます。 )


ワンポイントアドバイスの事項について..詳しい内容を調べようと思う場合には...
PCからのアクセスならば..右サイドバーの(カテゴリⅡ)(細分化)から項目を検索して頂き...
iphoneなどの携帯端末からのアクセスの場合は..こちらから調べたい項目を検索してください。
        
〔 飼育管理/治療管理参考書記事一覧 〕



生体発送の基本は..温度変化を抑える発泡スチロール箱密封梱包ですから..外気温に影響される段ボール箱梱包は基本的に論外なのですが..段ボール箱梱包ならまだしも..発泡スチロール梱包内に..保冷材やホッカイロなんかを入れて発送したら..急激な水温変動が起きて調子を崩し易くなりますから..無知な発送方法となります!

金魚に悪影響を及ぼす..一番の要因は!..急激な水温変動です!

生体が到着して開梱したら..転覆してたり..調子を崩してたりする原因は!..梱包方法+梱包状態の要因の他に..発送事前の餌切りと..糞出し処置トリートメントに..梱包する水の水質調整を..十分に行っていないがために起きることが多いのも実態です!



屋内水槽でも同じで!..33℃を超えない限り..何も対策しなくて大丈夫です!
ブログサーフィンをしてて..時々見かけるのが!..30℃を超えそうだから..冷却しなきゃ!って..急遽!..水槽用の送風機を購入し回して..水温を下げようとしてたりしますが..1~2℃までの範囲で..水温が下がる程度なら..特に金魚への影響もありませんけど..2~3℃以上..急に水温を下げてしまうと..鰓病にさせてしまうのがオチですから!..そこんところは要注意!

33℃を超えそうになってきたとしても..直接水面に送風するのではなく..換気・通気性を良くし..2~3m離れた位置から水槽に向けて..家庭用の扇風機を弱風で回し..空気の停滞層を無くしてやれば..ゆっくりと..1~2℃下がりますから!..その方が..金魚に対しては..絶対的に安全なんです!

上部濾過機器や..外掛け濾過機器を設置してるのなら..蓋を外すだけでも..0.5~1℃水温は下がります。
血迷って!^^...冷たい水や氷は..絶対に入れてはダメですよ!



商品の謳い文句も然り!..店でも使ってるから..良い商品ですよ!..とか..必需品ですよ!..と思わせる..心理作戦!
どういうことかと言えば!
実際には..特に必要の無い贅沢品だったり..必要の無い器材だったり..実際には効果が無かったり..効果があるように見せかける..紛い品だったり..実際の効果の有無は度外視して..飼育に於ける害がない物であることが前提で..ランニングコストや..高利を得たいとする物は..実際に店でも使ってないと..説得力(洗脳効果)がないですからね!
阿漕な店だと..客の目に留まるように..見せかけに置いてはあるが..実際には使ってなかったり!
まぁ..そんな心理作戦に引っ掛かるのは!..何事に於いても..他力本願だったり..探求心も無く..努力を惜しむ者だったり!..そんな客は..阿漕な店側からすると..「いいカモ!」的..ほくそ笑む存在ですわ!
本当に効果があるものなのか?..本当に必要なのもなのか?どうかは!..魚類の生体・生態について..ちょっと考えれば判り解ることである!



加温管理してても..寒期は..消化不良や..転覆防止のために..餌の量は半分程度に減らしたり..週に何回かの..餌切り日を..設ける方が無難!..加温してて..従来量の餌を与えても良い状態としては!...水温を..20℃以上に設定してる場合である!
しかし!..冬場に23℃以上に加温管理してしまうと..免疫力低下や..浮き袋の伸縮機能低下が起き..ちょっとした変化でも転覆し易くなったり...腸機能も低下することに因り..消化不良も起し易くなります。
当然のことながら!..水温が20℃を下回ってからは..高タンパクの餌や..色揚げ剤配合の餌は与えてはいけませんよ!..転覆・浮き・撃沈を起させ..背や腹に..焼け(鬱血)を起させて..衰弱させてしまうのがオチです!
そんなことからも!..下手に加温管理などせずに..四季に合わせた..自然な管理をすることが大事なのです!



体を敷石などに擦りつけ..痒がるような症状の原因には..「白点虫の寄生」以外に..換水スパンが長い管理を行ってる状況で..水量を多く換水した場合など..「換水後のpH値の差が大きくなった場合のpHショック」や..換水時の..「中和剤過多or中和不足」..に因っても痒がる場合がありますが..中和剤過多が明確なら再度..約7~8割程度の換水を行う必要があり..中和不足が明確でも..少々添加量が足りない程度で..エアレーションしてる環境なら..48時間の内には..エアレーションの揮発で..塩素・カルキは飛びますから..何もせずに様子を見る方が良いのと..pHショックに因るものでも..一時的なこともありますので..各鰭や体表に白点が認められない状況で..痒がる動きをしてる場合は..慌てて薬浴などに奔るよりは..1~2日様子を見た上で..後の対処置を判断した方が無難です。
しかし!..pH値に極端な差が発生してる場合..鬱血を起すことがありますので..その際には鬱血を起した個体は隔離して..0.5%塩水浴をさせる必要があるのと..本水槽の方も再度..約7~8割量の換水を行ってやる必要があります。
健康な金魚は四季に合わせて..自ずと体表粘膜の厚さを調節しますからね!..痒がる理由の一つにも..必要の無い添加剤を入れてるがために起こってたりしますから..下手な添加剤などは入れないことです!
それに..これを入れると良いだろう..と..根拠もない状態での憶測で..色んな物を添加するのも..突然崩壊を招く元・素になりますから!..余計なものは入れない..自然な状態で管理することが大事であり..実質的に..余計なものを入れない方が..金魚の健康維持的にも..水の安定度的にも良いのです!



初心者の陥り易い「弱点・欠点」として!...知識を取り入れようとすることは良い事だが..ネット検索しても..実施検証が伴わない者が..図書や文献の読み漁りからの..転載しただけの内容ばかりが目に付くし..中には転記間違いしてる場合もあったり!...図書や文献にしても..実際に検証した結果からではなく..科学的にとか学術的に..「こうなるだろう!」..との..「だろう」..と言う..『憶測』だけで書いてある図書や文献も多いのが実状であり...記事的に学術調の論文調で書いてあったりする分..論的文献支持者や初心者からすると..これが正解なんだろう..と思い込みがちですが..これが大きな落とし穴!...図書や文献と..実際に起こり得ることには..大差があることも非常に多く!..安易に図書や文献に頼り過ぎるのは危険なのである!
一番最適なのは!...何度も実施検証を行い..検証データを持った方の記録を参考にするのが最善であり...1回の経験から..偶々良い結果が出たような人の記録を参考にするのも非常に危険!..失敗の素である!
まぁ..失敗するも..成功するも..後に活かすための..自己検証データとするために..憶測記事などを参考に..実施してみるのも有り..かとは思いますけどね。



冬眠中は低水温で寒いのもあり..金魚達も殆ど動きませんし..エアーの出力も絞ってる場合には..水の動きも少ないこともありますし..約1ヶ月以上換水を行っていない場合の水質的には..「 上層=死水 / 中層=高活水 / 底水=低活水 」..となりますから..換水を行う場合..先ずは!..上層の死水を汲み上げ放水し..次に..底水を汲み上げ放水させて..減水した分の..新水を足せばOKです。

水深の浅いプラ舟などで..寒期に水の動きを少なくしてあると..上記のように3層に水質が分かれてくるのですが..これが自然界のような..水深が50cm以上の深い環境で..特に! 底に泥や..落ち葉などの腐敗した沈殿物がある場合..この様な環境状態において..水に動きがなければ..逆に!..「 中下層~底水=死水 / 中上層=高活水 / 水面=死水 」..という様に..ターンオーバーを..起した状態の水環境になりますから..換水を行う際の排水域が異なってきます。

 「寒期の水に動きがない状況に於いて..健康な魚達が居る層が..生きた水の水域になります。」

水槽飼育など..年中濾過機器を回した状態で..常に水の動きがあり..死水域が発生しない環境下に於いては..上記の換水層は考えなくても構いません。
しかし!..水流を抑えた水槽環境飼育の場合には..死水域が発生してる場合がありますので!..換水を行う場合..「 底水と..上水 」を排水して..排水した量の新水を足す方が無難ですね。



白い金魚って..弱いと聞いてたり..思ったりしてませんか?
白い個体も..その他の色柄がある個体と比較しても..免疫力に差はありませんし..死にやすい..なんてことはないんです❢
それを..白い金魚は価値がないとか..死にやすいなんて言う..無知な人が居たりするもんですから!..一般的に..「白い金魚はねぇ..」って..敬遠されてたりしますが..寿命的にも..その他の色柄の個体と何ら差はありませんし..立派に飼い込めば❢..数十万円の値が付くこともあるんです❢
白い金魚は..品評会では審査対象外ですが...ただ..それだけの話であって❢..値打ち(価値)や..強さ弱さとは無関係なんです❢
ただ!..透明鱗・シルク系の白個体は..普通鱗の個体と比較して..ちょっと弱いとは思います。



青水が急に飛んでしまって..透明になった場合の水は..pHの急激な変動(低下)が起きてる場合が多く..一般にも..青水が急に澄んでしまった水は..ターンオーバーと同様に..「死水」..とも言われてますように..酸欠を起したり..pHショックや..赤斑などを起し易くなるので...早急に!..7~8割量の水換えを行った方が無難です!



無色透明・無臭で..輝いてるように見える水は..良い飼育水ではありません!
無臭の水は..バクテリアの自然繁殖した水でありませんし..バクテリアが自然繁殖から定着し..機能してる水は..「墨汁のような香り」がするものです!
* (キノコのような臭いがする場合は..水カビが発生してる可能背が高くなります。)
自然繁殖したバクテリアが機能し出せば!..最低でも2ヶ月以上は換水しなくても..水質と金魚達の健康状態に問題を起こすことはありません!
添加剤バクテリアを多用してる者の特徴として!..無色透明・無臭の水がバクテリアが機能してる水と勘違いしてる場合も多いのですが..バクテリアが定着してるのであれば..何故に!?..週一程度で換水してるのか?!..矛盾してますよね!
それは!..バクテリアが定着などしてない証拠であり!..バクテリア添加剤と名が付いただけの「濁り除去剤」で..無色透明・無臭の水にしてるだけのこと!



いつも言ってることの繰り返しにはなりますが..^^
病魚が発生すると言うことは!..金魚の個体差に応じた..お宅独自の飼育環境が整えられていない証拠であり!..連れて帰ってからのトリートメント処理も..的確・適切に行われた状態で..飼育水槽環境が整い..水作りも出来ていて..保守管理も出来ている状況環境化であれば..突発的な場合を除き..そぅ簡単に病魚は発生しませんので!..頻繁に調子を崩すとか..病魚が出た場合には..日々の管理方法に問題があるか?..環境全体に問題があるか?..どちらかになりますから..日々の管理に問題がないとするならば..飼育管理方法から..飼育管理環境の再構築が必要だと言うことになります!



バクテリア添加剤を入れたら..数時間後には濁りが解消されて..クリアーな水質に?^^
ハッキリと教えてあげましょう!
それは..バクテリアと名が付いただけの..濁り除去剤ですわ!..当然!..バクテリアとしての効果もありませんわ❢(笑)

いつも口が酸っぱくなるくらい言ってることですが..^^
添加剤などに頼ってる人達は..真の環境の作り方・整え方を知らなかったり..環境作りが面倒だからとかで..添加剤を多用して..逃げの飼育・逃げの管理に奔ってるだけであり..メーカーの謳い文句や..店の利益重視の販売促進文句に躍らされ..洗脳されてるだけですわ!

短時間で濁りが解消されるのは!...その添加剤に配合されてる粘着性粒子が..濁り粒子を吸着して沈殿させてるだけのことであり..添加したのがバクテリアで..生きたバクテリアであったとしても..1日や2日で定着し..機能することは皆無!
ゼロバクテリアの状態の水に..これらの添加剤を入れると..濁りが解消されて..一時的に水質が良くなったように感じるだろうが..自然繁殖したバクテリアが居る水に..異種バクテリアを入れると..捕食連鎖が発生し..水の崩壊は必至!...異種バクテリアの共存は..不可能なのである!

ゼロバクテリアの状態から..生体が水槽容量に適応した匹数入った状態で..少量の餌も与え..排泄も行われてる環境状況下において..週一程度で水換えを繰り返してると..敷石の有無や..濾過の方式・構造に依っても差はあるものの..バクテリアは自然繁殖を始めますし..水換えの度に..添加剤を入れ続けなければ..濁りが発生すると言うのは!...自然繁殖するバクテリアが定着しづらい環境と言うことになり..バクテリア添加剤と言う名が付いただけの濁り除去剤で..一時的に見た目だけの水質を保ってるだけなのである!

完全リセット後や..新規立ち上げ後に..週一程度で水換えを繰り返してると..自然繁殖バクテリアが定着し出して..効果が出始めたのを..添加バクテリアを..水換えの度に入れてることが..添加剤バクテリアの効果と勘違いしてるだけです!



魚には痛覚・痛点がないと言ってる..者や業者が居るようですが..ハッキリと否定しておきます!..無知なだけです!
魚種により感度の差はありますが..魚は基本的に..口回りの痛覚が鈍いだけで..全身に痛覚・痛点があり..人間と同じように..感覚の鋭い部分と..鈍い部分があるのです!



観賞魚用薬として..一般的に市販されてる薬類ですが..実際には水産業界で一般的に使われてる薬を..水産学術的に..「金魚にも効くだろう!」..「“だろう”」..として売られてるだけなので..何の根拠も確たるデータもないのが実状であり..中には全く効果のないクズ品もありますし..成分配合を若干変えただけの類似品も多いですし..絶対的な根拠もなく..絶対的に効果があるような薬は存在しませんし..効果の保証も全く有りません!
同じ症状でも個体差に依って..「この薬は効いたけど..この薬は効かなかった!」..ってことも多く..実際には効果が無い薬も少なくなく..効果があったとしても..実質的には..偶々効いた!..と言うのが正しいのです!



新規水槽の立ち上げ処理とか..完全リセット後の水の立ち上げ処理として..パイロットフィッシュだの..フィッシュレスサイクルだの..カッコよく聞こえるだけで..ただ単に..自然繁殖するバクテリアを立ち上げる処理と何ら変わらない!...特に!..パイロットとして位置づけられ..立ち上げだけに使われる魚が可哀相なだけ!

新規水槽の立ち上げでも..完全リセット後の水の立ち上げでも同様だが..的確な水合わせと..的確な水温合わせに..的確な水量の水換えさえしてれば..季節と水温にも依るが..約1ヶ月前後でバクテリアは自然繁殖し定着もするし..連れて帰った金魚も..的確な水合わせと..的確な水温合わせを行い..菌のキャリアでないのを前提とし..的確なトリートメント処置を行い..購入した店ごと/購入した日ごとに..最低1ヶ月以上の徹底した別管理を行えば..調子を崩すことなんてありません!

連れて帰ってから直ぐに..金魚が調子を崩す事例の多くの要因が..トリートメント自体を知らなかったり..的確な水合わせから..的確な水温合わせも行ってなかったり..他所から連れて帰った子を..トリートメント期間も設けず..直ぐに混泳させてたりする場合が多く..新規水槽の立ち上げ(水の立ち上げ)に関しても..ただ単に!..バクテリアの自然繁殖処理の方法(バクテリア水の作り方)を知らないだけである!



「暴露!」
某バクテリア添加剤の中身の正体は!..分析の結果から..液肥の一種であり!..それに粘性のある吸着剤を若干混合し..濁りを沈殿させて..効果が出てる様に見せかけてるだけの..クズ品なのである!(^ㇸ^)b
簡単に言えば!..逆にお金を払って処理してもらわなければいけないような..家畜の肥溜めのクソ汁を..阿漕にも!高値で売ってるのが..実質!現状!<(`^´)>



浮き症状(転覆病の一種)の原因と改善方法にも..色々と要因と方法はあるが..ひとつに!..過酸化水素(単純・簡単に言えば..オキシドール)を化学反応・変化させ..活性酸素と純酸素を発生させるものを入れたら..浮き症状が改善されたと言うのは!..その症状が起きる以前に..高アンモニア濃度を起因とする..過度の血中酸素量欠乏状態が原因で..一般的な酸欠状態で鼻上げする状態とは異なる..撃沈状態や..浮き症状を引き起し..その環境状態に..活性酸素を入れたことにより..血中酸素濃度が高まったから..浮きが一時的に治まっただけであり!..それと同時に水の透明度が上がったと言うのも..活性酸素で曝気し..溶存酸素量が高まれば..水の透明度が上がるのも..当然のことであり!..根本的に..水中酸素溶存量不足の環境にあることから..先ず!..その環境を改善しなければならないのは..当然のことながら..過酸化水素は常時入れてると..溶存量過多に因る..ガス病などの弊害もあり..ずっと入れてても良いと言うものではないのである!



琉金の背が..キャメルバックになる要素 としては...
「 ① 遺伝子 = 50% / ② 餌の食わせる量 = 30% / ③ 水深調整 = 20% 」
当歳時に..これらの微調整管理と..要素が一つでも欠けると..遺伝子が良くても..キャメルバックには..なり難くなります。

餌の種類についても..高価で特別な餌だと謳ってるような餌なんかは必要ないし...
琉金の背の発達に..特別な影響も関係もありません!...質・種類よりは..適度な量です!
実質的に我が家では..「アイドル」と「プロリア」だけの..「1日/2~3回」だけですし...
水を引っ張った方が..背が発達し易いと言う説もあったりしますが...
我が家で..当歳魚の水換えは..1日置きにやってますからね!..影響も関係もありません。

蘭鋳の カシラ(肉瘤とフンタン)を発達させる要素については...
「 ① 遺伝子(特に雄♂) = 20% 」...「遺伝子 備考...尾=雄♂(70%) / その他鰭=雌♀(60%) / 色=雄♂(60%)」
「 ② 餌の種類+質(動物性高蛋白質)&食わせる量 = 45% 」
「 ③ 水深調整(15cm以下) = 35% 」
当歳時に..これらの微調整管理と..要素が一つでも欠けると..カシラはあまり発達せず..ツルンツルンの頭なります。

阿蘭陀獅子頭系のカシラの発達には..品種的に特に要素とかはなく..普通に飼育してれば..そこそこ発達します。



金魚が頻繁に調子を崩してる場合!.......お宅の水道水は...一軒家で..水道管直ですか?
それとも...マンションやアパートで..屋上に設置された..貯水タンクから供給されてる水ですか?
若し..貯水タンクからの給水なら!...消毒処理された..強酸性水になってる可能性がありますし...
酸性水にはなってなく..その他の基本的水質検査項目を..検査しても問題がなくとも...
飼育に必要なミネラル分なども破壊された..飼育水に使うには..不適合な水の場合があります!

この様な..貯水タンクからの給水の場合...
簡易式の浄水器では..飼育に適した水質にすることが出来ないこともありますし...
浄水器の濾過膜性能にも依りますが...RO浸透膜支持体を使った浄水器を通した水は...
金魚飼育に必要なミネラル分までもを..除去してしまって..超純水になってしまいますし...
水道管直の水でも..残留毒素が多く..飼育水に適さない場合は..止むを得ず...
RO逆浸透膜支持体を使用した浄水器を使い..ミネラルなどを補充するしかありませんが...
水道水に問題がなく..通常飼育をする範囲での浄水器の使用は...
使用することで逆に!..飼育水には適さない水にしてしまう浄水器もあったりしますので...
浄水器なら何でも良いとは限らないのと..安易に浄水器を用いるのは..どうかと思いますし...
浄水したあとで..不足分のミネラル分などを..後から添加するのも..お金の無駄であり...
基本的な水質に問題がない限り..金魚飼育には..浄水器などを使う必要性は..全くありません!

◎ (補足)
RO逆浸透膜支持体は..2種類の坪量(密度)が違う..ポリエステル紙の..特殊な熱融合により作ってありますし...
RO紙と言っても..国別/プラント別/国内外メーカー別/用途別に..多種多様に分類し...
数種類の品種(銘柄) = 膜性能(通水度/通気度)を..調整し開発しましたし...
開発当初は..精密機器の洗浄用途として..含有成分ゼロの..超純水にする膜性能の..研究・試験・開発から始まり...
各厳密な品質検査をクリアーし..製品化した後には..色んな分野からの..需要や相談もあり...
一番の需要用途としては..水問題を抱える諸外国から..海水を..飲み水(真水)に出来る膜性能の要求が増え...
現在は..精密機器の分野よりも..飲料水の分野に需要が多く..トップシェアになっているのが現状なのです。
現在家庭用にも普及している..RO膜を使用した浄水器は...
水道水圧でも使えるように..膜性能を下げた..簡易式の小型タイプなのです!


飼育水として使える水質になる浄水器でも...
ただ単に..塩素除去だけの目的で使うには..お金の無駄ですし..,
水換え効率や速度についても..給水に..延長ホースと..散水ノズルを使い...
排水についても..シュポシュポポンプに..延長ホースを..繋いで行えば..水換えも早くなりますし...
給水側の延長ホースに..浄水器を..挿むか?..挿まないか?..この程度の差しかありませんし...
浄水器を通せば..当然の如く..流量も落ちますから..給水速度が落ちて..逆に作業効率も悪くなりますし...
液体中和剤を適量用いて..給水しながら中和する方が..絶対的に効率は良くなりますし..何ら問題はありません!



稚魚・幼魚時に食わせ過ぎて太らせ過ぎると..鱗一枚一枚が大きくなったり...
成長してからの..鱗並びに乱れが起きたり..鱗の一枚一枚が大きくて..見た目に悪くなることがあります。
稚魚・成魚関係なく..食わせ過ぎは..突然死を..招くことも多いですし...
体型を造ることだけに固持せず..健康的に..腹八分目に食わせ..造り込むことが大事!



どんな病気の..治療時/処方時でも同様に!..何でもかんでも..加温を勧める馬鹿が居たりしますが...
下手にヒーターを用いた..加温なんかするのは極めて危険!...結果..死なせてしまうのがオチです!<(`^´)>
寒期とか水温が15℃を下回る場合に..病状・容態に応じて..上限を25℃とした加温をした方が良い場合もありますが...
どんな病気の治療においても..低水温時以外は基本的に..常温で治療・処方することを..強くお薦め致します!



上部濾過槽内で「物理濾過層」と「生物濾過層」の構造を組み立てる場合は...
物理濾過層はドライ状態でも構いませんが...
生物濾過層は..酸素を含んだウエット状態=水中に浸かってなければ意味も効果もありません。

敷石も..水槽内にバクテリアを定着させようと思い入れてるのは良いけど...
パラパラと..ちょろっとしか入れてない状態では..バクテリアは定着しないに等しいですし...
敷石内にバクテリアを..自然繁殖させ定着させるには..最低2~3cmの敷厚は必要ですよ!(^0^)b



稚魚は..褪色し始めた時期が..一番..敏感・繊細になるために...
ちょっとした変化でも..調子を崩し易くなったり..型崩れも起し易い時期になります。
特に褪色期は..梅雨時期と重なることもあり..梅雨時期からは水も傷み易くなってきますし...
横幅(太さ)を伸ばそうと..食わせ過ぎたり..水を引っ張り過ぎると..鰓捲れや..鰓病にさせてしまうのがオチですし...
稚魚(青仔~黒仔)時に食わせ過ぎると..腹が出てくる分..腹(胸鰭)が鰓蓋を圧迫して..鰓捲れも起し易くなりますし...
水温上昇に伴い..酸欠を防ごうと..エアーの出力を上げ過ぎたりすると..ガス病の懸念も出てきますし...
特に稚魚は尾が巻くなど..尾形が崩れ易いので..水流(回流)を抑えるなどの工夫をした方が良いですね♪(O^-')b



暑くなってくると..水換えするにも..水温合わせに注意しないといけませんし...
我が家の場合では..汲み置きは一切しないし..汲み置きタンクを置くスペースもないですから...
水道水と舟の..水温差が少ない時間帯に水換えを行うようにしてて...
水温差が2℃以上発生するような場合は..水換え前の飼育水を洗面器に汲み..金魚達を洗面器に入れ...
即効性の液体中和剤を用いた水換え後に..舟にプラ洗面器を浮かべて..水温合わせを行ってます。

 ホーローの洗面器は熱を伝え難いので問題ありませんが..アルミなどの洗面器やボールは...
水温の昇降が早過ぎるので..鰓や赤斑にさせてしまうリスクが高まりますので..使用するのは危険!

但し..水道水の水温の方が..少し(2~3℃)高いくらいなら..上記の水温合わせ処置は行わず...
そのまま..金魚達を舟に戻してますし..水道水の方が少し高いくらいの場合は..鰓になることもありませんし...
水温差で鰓病にさせてしまうのは..水道水の水温の方が..2℃以上低い場合ですね!

なので..特に夏場は..早朝の..舟の水温と..水道水との差が少ない時間帯に行いますし...
逆に冬場は..お天気と気温にも依りますが..昼以降~夕方~夜に..水換えすることが多くなります。



梅雨時期の注意事項!"☂"

屋根のない屋外飼育の場合①
      酸性雨での「赤斑病」から..雨水での水温低下に因る「鰓病」にも要注意ですよ~(^0^)!

屋根のない屋外飼育の場合②
      舟内が蒸れないように..通気性は確保した状態で..波板等で簡易の屋根を作るなどして...
      雨水が入らないように工夫するも良し!...簡易屋根が設置できない条件下において...
      雨が連日続く場合は..上記の病気を防ぐために..短期間での水換えを行う必要があります。

梅雨時期から夏場にかけては..地方・地域に依って差はありますが...
水道局において..雑菌の繁殖を抑えるべく..塩素剤などの添加量を増やす場合がありますので...
中和不足から..痒がり症状を起したり..肌荒れ(粘膜の爛れ)から..赤斑病を起したりする場合がありますので要注意!

そして..梅雨の期間は..屋外飼育だけでなく..屋内飼育においても..餌は控え目に~(*^-')b



水が透明で綺麗に見えてても..水質は別物ですからね!
水質試験薬や試験紙を使わなくても...自分で水を見極める..目と鼻を養わなければいけません!(笑)^O^アハハッ



金魚飼育において..自己検証蓄積データではない机上論ほど..役に立たないものはない!(`^´)b



なになに?..水の中和の目的だけに..浄水器?^^
必要ない! 必要ない~!(笑)
浄水器を使ったら..注水や水換えが早くなる?^^
ない! ない~!(笑)
金魚飼育に適した水質的に..浄水器も..どんな種類でも問題ないとは限らんし!
金魚飼育に必要な..ミネラル分は取り敢えず残るような水に出来きても...
イニシャルコストの高い浄水器に投資し設置するよりも!
ビタミン以外の..余計で弊害を起すような多成分を含まず!..安物の!^^
即効性の液体中和剤を..注水しながらチョロチョロと..規定量入れるだけで十分だし...
浄水器から注水するよりも..蛇口に延長ホースを繋ぎ..直接注水する方が溜まるのも早いし...
ランニングコスト的に比較しても..経済的なのだ!



コメントを入れても..お返事を書かなかったり...
一部の方への..お返事を飛ばして..書かなかったりすることは..大変失礼なことですし...
コメント欄を開けてるのであれば..コメントを頂いた方全員に...
日時が経過して遅くなったとしても..お返事を書くのが当然のことですし...
訳あって..お返事を書けなかった場合には..次の記事にて..お詫びを書くのが..ブログ上の礼儀ですよね!
それに..チャットみたいに..同一記事に..3回以上のコメントを入れることも..ブログでのマナー違反だと思います。



本当に良いものでも..値が高ければ..経済的に手を出し難いところがあったりしますし...
本当に良いものの値が安くなれば..売れる数も..継続使用率も必然的に上がりますし...
それが!..本質を知り..理解してるディーラーであり...本当のユーザーです!(^_^)b



金魚を素手で触っても火傷しないと言う説を唱えてる方が居ますが..完全な間違い!
魚の生体を熟知してる者とか..釣り師なら知ってて当然のことなのですが...
魚は人の体温では..体表粘膜の爛れを起します!..要するに「火傷」です!
人間の1℃の差は..魚は約5℃以上の差になりますし...
魚は体表粘膜粘膜に覆われてるとは言え..人間の体温は脅威そのものなのです!
人が暖かい素手で握ったがために..体表粘膜が爛れ..衰弱を起すのは当然のことであり...
体表粘膜の爛れを起した部位から感染症を発症し..死に至るケースもありますからね!
なので..金魚を手で触る際には..水に手を浸けて..水温まで冷やしてから触るとか...
熱を伝え難い手袋などをはめて触らなければいけません!
このことを熟知し..知識ある店や業者にファームなどは..絶対に暖かい素手では触らないものです!
この説を唱えて公表してる当人にも..コメントで伝えましたが..今のところ訂正も返答もなし!



金魚の体内塩分濃度は..「標準値=0.5%」で..個体差により..「0.5~0.7%」となります。
金魚が体調を崩す要因の一つとして..この体内塩分濃度のバランスが崩れた際に...
常在菌に侵され..病気(感染症)になることが多いのも実状です。

新しく迎えた金魚は..移動のストレスや..家の水に慣らすために..トリートメントを必ず行う必要がありますが...
このトリートメントの際にも..ストレスから塩分バランスに乱れを起し..免疫力が低下してる場合もありますので...
0.5%塩水浴をさせて..体内塩分濃度(バランス)を整えてやることも大事です。

塩水浴をさせると..体表粘膜が融けてしまうと..時々耳にしますが...
ストレスのない健康な状態の金魚であれば..0.5~0.7%までの塩分濃度であれば...
体表粘膜の融解・解離は殆ど起きません。
0.7%濃度では..融解はゼロではありませんが...0.5~0.6%濃度では起きることはあません。

0.7%を超えて..0.8%濃度では..早ければ1~2日(24~48時間)で...
体表粘膜の解離が始まりますし...同時に..各鰭の融解も始まります。
塩分濃度が0.1%上がるにつれて..解離・融解の速度は増しますので要注意!
例として..1.5%塩水濃度の場合..約24時間で..鰭は2/3~1/2まで融けてしまいますし...
体表粘膜はゼロ!..剥き出しの状態にまでなってしまいます。
しかし..強い感染症菌の場合..体表粘膜内に菌が居ることも多く...
一度体表粘膜を落とし..全量の水換えを..毎日繰り返し..菌の放出をし...
金魚自体の新陳代謝をあげてやることで..治癒力も上がりますし...
体表粘膜の再生が始まるまでの間に..塩水浴が二次感染なども防ぎ..より早く治癒へと繋がります。

なので..少し調子がおかしいかな?って思う場合...
0.5~0.6%までの濃度で塩水浴をさせることは..何ら弊害はありません。

塩水浴を施した場合に..体表粘膜の剥離~水中に粘膜浮遊が確認できる場合..それは!
感染症菌に侵されてるがために..体表粘膜異常+分泌異常を起し..粘膜剥離を起こしているのです。
感染症に侵されてる..その場合は...症状に合った..薬浴の併用処方も必要になります。

体表粘膜異常や..体表粘膜の剥離を起してると..相談を頂いた際に...
粘膜保護剤を使ってるのに..どうしてだろう?との話を聞く時がありますが...
根本的に..そんな添加剤類に頼り..安堵感を求めようとしてることが..そもそも間違ってるのであり...
金魚を飼う上での..基本的な環境が整ってなかったり..管理も悪かったり...
そんな添加剤類に頼ろうとしてるからこそ..現状と実質的なものが見えなくなってると言うか?
見ようともしていなく..探求心もなく..他力本願なだけのこと!
基本的な環境が整い..管理も適切に行っていれば..常在菌が活性化することもなく...
金魚は..そう簡単に突然調子を崩しません!
添加剤類を入れてるから調子が良いと思ってる人も多いけど...
環境さえ整ってれば..そんなもん..入れてようが..入れてなかろうが..何も変わらないどころか...
添加剤の物に依れば..弊害や悪影響を及ぼす物も多々あり...
しかし..店やメーカーの謳い文句を安易に信用し..時には洗脳された状態で安堵感を求めてるからこそ...
添加剤類が悪影響を及ぼしてたり..使ってても..何の効果も意味もないことすら解らない状態になってて...
添加剤などを使わない管理をしてて..環境も整ってる人と比較しても..格段に病魚や死魚が多いのも実状!

金魚は四季に合わせ..生態的に..自然に体表粘膜の厚さを調節しますから...
添加剤で..過剰に保護する意味もなく..体表粘膜異常を起してるような場合は...
環境や管理が悪いことが要因となり..調子を崩してる証拠です!

塩水浴を行う場合に..先ずは0.3~0.4%濃度から始めることを..このサイトでは推奨しておりますが...
0.5%濃度までなら..いきなり初めても構わないのですが...
少し低目の濃度から始めるのには..金魚の体を塩水浴に慣らすためですし...
実際には..0.5%以下の濃度では..治療効果は..殆どありません。



よく相談で質問されるのが!
「バクテリア添加剤や..粘膜保護剤は金魚飼育の環境作りや..健康維持に絶対必要ですか?」って聞かれるけど...
そんなものに頼ろうとするのは!..ちゃんとした飼育環境を整えられてない証拠であり!
探求心もなく..他力本願になって..努力もせずに..安堵感だけを求めて逃げてるだけで...
実質的に..それらに安堵感を求めてる者は特に!..頻繁に病魚や死魚を出してるのも特徴的!
しかし当人は..それらを入れてるから..病魚や死魚が発生してることを疑うことも出来ず...
使い続けては..同じ失敗を繰り返してるのが実状なのである!<`ヘ´>
店側がペラペラと講釈タレて謳い勧める物は..殆どが高利益物品の営利目的だけだと考え見てよし!<(`^´)>!!

相談に来られた方々には..現状の飼育環境と理念をお聞きし...
「それなら!それらを入れないで..この様に環境改善をしてみては?!」とアドバイスするのだが...
全員が全員言うのが..「今まで入れてたから..入れないのは凄い不安です!」とか...
「そんなに環境を変えるのは不安です!」との返事が返ってくるのだが...
不安もありながら..半信半疑で試してもらった結果から返ってくる答えは!
「あれだけ頻繁に調子を崩してたり..死なせたりしてたのが嘘のように元気になり..環境も安定してます!」
「今まで絶対必要と思ってた物が害になる原因だったとは!」
「不要な物を買い続け..お金を溝に捨ててたようなものですね!」
「私は今まで騙されてたんですね!」「やっと目が覚めました。」と..驚き嘆かれ..喜ばれるのが実質・実状なのです!



多く食わせて..早く成長させようと..フードタイマーを使って..1日に何回も餌やりしてる者も多かったりするけど...
君達は金魚の生態を無視してることは然り!
金魚の寿命を縮め..私利私欲の道具とし..家畜化してるだけですぞよ!^へ^メ
餌は食うだけ食わせりゃ良いってもんではなく..四季毎に与える餌を工夫し..適度な量ってものがあるんですぞ!
各部位の発達を促すにも..食わせる量じゃなく..成長度合いに合わせた..食わせる餌・質・成分が重要!
金魚を健康に長生きさせるには..少な目の量を..1日1~2回で十分!
多く与えたとしても..約3時間は間隔を空けながら..1日3回までが無難!
1日3回でも..1日6回でも..成長率/各部位の発達率には..殆ど差はないからね! ..要するに..食の質が大事!



水換え後..約2~3時間は消化不良も起こし易いから...
飼い込み飼育期間でも..2~3時間は餌を与えないのが基本ですが...
屋内水槽飼育においては..水換え後当日~翌日は餌切りしてた方が無難!



皆さん..金魚の糞(うんこさん)だけど..^^;
めっちゃ長いのが出てたら..めっちゃ調子が良いと思ってませんか?!

まぁ色も良く..太長いのが出てるのは..問題ないと言えば問題はないんだけど...
一番健康な糞の状態としては..色も太さも良く..2~3cmの長さで切れる糞がベスト!(o^-')b
めっちゃ長いのが出てるってことは!..その数日前に..腸の調子を崩してた!ってことでもあるんです!

人でも同じだけど..便秘したら腹が張るし..出たらドバッと!長いのが出たりするでしょ!^o^;アハッ
なので..こんな糞の状態が頻繁に見られるとかの場合は...
その子は腸内環境があまり良い状態ではないだろうから..状態が悪化すれば...
沈降気味になったり..浮き気味になったり..転覆気味に進行することもあるし...
糞詰まりが慢性化して..詰ってしまった時には...
「腸まん」から「松かさ」を発症することもあるから要注意なんです!(^_-)b

なので..特に冬場に与える餌は..消化の良い餌に切り替える必要があったりするんです。

白く細い糞が出てたら..消化不良や..水中りを起してたり...
水がpH異常(水質劣化)を起してたり..塩水浴や薬浴中から後の状態だったり!
空気混じりの糞が出てたら..酸欠や水質悪化から鼻上げして..エア食いをしてる可能性もあるし...
上記のように..消化不良を起して白い糞をする手前の糞の状態だったりしますので要注意です。(^_^)b



断言しますが...全ての金魚屋が..飼育のプロではありません! 優良店もあるが..極僅かなのも実状であり!
ただ売ってるだけで..知識も知ったかぶりしてたり..無知でデタラメな情報を発信してたり...
単なる営利目的で..不要な物や器材を勧めたり..治療にしても..全く違った薬を勧めて買わせたり...
そんな金魚屋が多いが故に..問題が解決せず...このサイトへ相談に来られる方が非常に多いのが実状です!
金魚屋の発信してるブログを見て回ってても..「この店の店主はアホか?」って思うような...
デタラメなことを発信してる店も多いし..初心者から中級者は..それを信じて実行してしまい失敗してる実状が大問題!

当サイトの管理人は毒舌ですが..阿漕な者は断じて許しません!
「良いのもは良い!」「悪いものは悪い!」と..ありのままを..ストレートにぶっちゃけます!
そのことに対して..難癖イチャモンつける輩は...
「自ら品位を下げてるだけだ!」..なんて偉そうなこと言ってる馬鹿小僧も居るが...「それがどうした!?」
「八方美人的に..当たり障りのないような..綺麗事ばかり言ってるから..失敗する人が増えるんじゃ!」って感じだし...
「良いも悪いも..ありのままの真実を公表する!」..これがココの管理人!..これがこのサイトの大きな役目!!



検証結果を基に!..金魚飼育には..液体中和剤以外の「添加剤(バクテリア添加剤も同様)」などは...
一切必要もなく..入れる意味もないことを断言します!
飼育歴が長い者が..添加剤類を使ってたとしても..良いものだとは限りませんし...
私に言わせれば...飼育歴が長くても..その者は..ただ無知なだけ!
その上に特に!..良い人を装い..飼育歴が長いことを初心者にアピールし...
勧めはしなくても..さり気なくアピールし..仕舞には洗脳し..店と共謀して利益率の高い添加剤など...
本当は全く必要もなく..全く効果もないものを拡販し..買わせ..固定客を確保しようと...
阿漕な企みを持ち..近寄ってくる者も居たりするので要注意!
後には..洗脳されてるが故に..麻薬のように神経が麻痺し..無くては困るものと思うようになってしまい...
それらを使ってるがために..頻繁に病魚や死魚を出してるのに..それらが原因だとも疑うことすら出来ず...
他人に..「どんな効果が出てるの?..逆に悪くなってるぞ!」と注意されても..聞き入れることができなくなり...
環境や状態が悪化してることにも気付かず..他人の言うことが間違ってると反論したり...それこそが洗脳状態!
そして挙句には..大枚(大金)を叩き..阿漕な店に吸い取られてるのがオチ!



金魚飼育において..家族が怒ってたり..批難の声がある場合に..理解と承諾を得るためには!

* 家族が怒ってる理由として考えられるのは!..次の事項が該当しませんか?!
①「欲求のままに止め処なく個体数を増やしてる!」
②「必要も無い物に無駄遣いをしてる!」
③「金魚に費やしてる時間が長く家族を蔑ろにしてると感じさせてしまっている!」..etc...

* そして理解と承諾を得るには! = 報連相!=(報告・連絡・相談)
①「管理水槽・舟数+管理匹数を相談の上で制限し定める!」
②「月に使用する必要経費の上限を相談の上で制限し定める!」
③「突発的な場合は別とし..事前に計画してる管理計画を前以て日常会話の中で話し了解を得るようにする!」..etc...

* 反対されたり批難されるのは..要するに!
①「家族の思いを無視した自己中心的であり..理解を得られるように自ら何ら努力をしていない!」
②「会話・相談が..絶対的に足りない!」
③「幾ら趣味でも節度は大事と言うことを自ら理解出来てなく..現実逃避・自己分析~理解放棄してる証拠!」

◎ 飼育を止めろと言われていないのであれば..上記事項に対して..自ら実行~改善すれば..家族の理解度も増す筈!



寒期(冬眠期)に水換え及び..水質調整を行う場合に...
エアーの出力も絞り..回流を抑えてる条件下で...
水温が12℃以下の低水温状態では「上層/中層/下層」と水質が分離し異なりますので!
特に上水(上層)が「死水」状態となってますから!..先ずは!
上層(上水)を出来るだけ..中層・下層に混ぜないように排出し...
次に下層(底水)を排水し..中層水は残すようにして水換え及び..水質調整をしてやれば...
後の水持ちも良く..金魚達の健康状態も..良い状態が保てます。



金魚の飼育管理方法は「千差万別あって当然!」ですが..その先には.....
「病気にさせない/死魚を出さない」..我が家の環境や...
個々の個性・体質に合う..独自の環境を整えられなければ...
無病息災で安定した飼育は不可能と言っても過言ではありません!
直ぐに死ぬだろうから構わない!とか..また買えばいい!などの考えならば...
貴方は金魚を飼う資格がありません! !



水槽や舟の底に..敷石も入れてないのに..2~3mmの白い石のような物があれば...
それは!..金魚の歯!...金魚の口の奥に生えてる歯!=「咽頭歯」です!
咽頭歯は..抜けても生え変わり続けますから..歯無しになる心配は要りませんが...
咽頭歯が抜けた直後は..少し食欲が落ちることもありますし...
食欲が落ちずに..咽頭歯4本の内..2本以上が同時に抜けた場合など...
十分に噛み砕かずに飲み込んでれば..消化不良からの..糞詰まりも起し易いですから...
水槽や舟の底に咽頭歯を見つけたら..1週間程度は餌の量を控えめにしておくことを..お薦めします。



金魚の鱗は剥がれてもまた再生しますが..再生までに日数が掛かるのと...
元の色の鱗に戻らず..白い鱗になることも多いのが実状ですし...
特にピンポンパールなどのパールスケール系のパール燐が剥がれた場合に...
表面だけの剥がれなら..またパール燐に再生されますが...
皮下組織の奥深くから剥がれた場合に..なかなか再生しないのと...
表面の剥がれでも..何回も剥がれを繰り返すとパール燐に再生されず...
再生しても普通燐のような鱗になることが多いのも実状です。

尚..鱗が剥がれた場合に..剥がれた箇所から出血があったり..鬱血してるような場合は...
止血と雑菌などの感染症予防の為..念のために!..「0.5%塩水浴」を2~3日行う方が無難ですし...
その他の処方としては..傷口に直接!
「グリーンFリキッド」の原液を..2~3滴垂らして患部を消毒してやるも..感染症予防に有効です。



ビニールシート(クリスタルターボ)は..新しい内(約1週間)は..メラミン性の臭気(塩ビガス)が発生しますので!
タタキ池を作るとかの際の漏水対策の為に水中に入れて使うとか..防寒対策に..蓋として使用するのはNG!
ガス抜きの出来てない新品の内に水中で使うとか..蓋として使用すると..有毒メラミン成分が水中に溶け出し...
病魚や死魚が出る可能性はありますが..このシートをそのような目的で使用する方も少ないかとは思います。
あと..ビニールハウスのように..密閉性を高めた状態で使用すると..新しい内に発生したガスがハウス内に充満し...
そのガスが要因で..重度の鰓病や赤斑病を起すこともありますので...このビニールシートを使用するにあたっては...
使用する前に流水で洗うだけでも..約6~7割程度の..表面に出たガス粒子(臭気)は落とせますし...
洗った後..天日に晒してガスを抜きを行い..使用する際にも数日は..通気・換気性を考慮した対処が必要にはなります。
その他のブルーシート等も..覆いとして使用する場合や..タタキ池の底として使用する場合も同様の処置が必要ですし...
塩化ビニール樹脂素材のビニールシートは..全て同様の臭い(ガス)が発生しますので考え方と対処は同じです。
ウチのように..シートの特性を知った上で..通気・換気性を考慮し...
寒風が直接当たらないようにするためだけに使用する範囲では..全く問題ないと言っても過言ではありませんし...
実際に..このシートを使い出して..4~5年になりますが..このシートを取り付けた後に..病魚や死魚は勿論!
このシートが起因すると考えられるような..調子を崩すような個体も発生してないのが実際のところです。
なので..このビニールシートに限らず..生き物を飼う上では..ペット関係用品だからと..最初から安心せず...
飼育に使用する資材の特性や弊害などを..十二分に調査から熟知した上で使わなければなりません!



冬眠中にエアーを止めても..出してても..水温変動は殆ど起きません!
越冬時(低水温時)の水中酸素溶解量=特に青水越冬の場合は..アオコが消費する酸素量も加味し...
特に青水は..水に動きがない無酸素状態になれば傷み易いですから..弱エアーは掛けてた方が無難です!
それに..弱エアーを掛けてた方が..水の傷みも判断し易いですし...
泡切れの状態が悪くなってれば..水質悪化のサインとして..水質調整が必要になります!...が!!
特にエアーを掛けない状態での低水温時(冬眠状態時)に水質悪化を起した場合...
水換え時に注意しなければいけないこととして..酸素供給なし状態での動きのない水は...
上層部/中層部/下層部に分離し..各層で水質が異なる状態になりますから...
ターンオーバー(無酸素死水部分の撹拌)を..起さないように水換えしてやらなければ...
水換えした意味がなくなりますし...
撹拌してターンオーバーを起した死水(バクテリアの異常状態水も同様に死水!)になると...
酸欠は当然!..代謝異常を起こし易くなり..分泌異常から..常在菌の活性化を招き...
赤斑病から..尾腐れ病に..水カビ病を併発し..白雲病から..転覆も発症し易くなります!
そんなことからも..死水状態にならないようにするためにも!
軽くエアーを掛けて..冬眠を妨げない程度の弱い回流を作っておくのが水質的に保てて安全になりますし...
冬眠途中に水換えを行う場合のリスクも低減できます。
プラス!..冬眠中に大事なのは..自然光源は確保しつつ..水温変動を最小限に抑える対策として...
スタイロフォームでの保温対策や..特に!..透明の波板で蓋をし..気化放熱防止対策を行うのも大事です。



寒くなったり..季節の変わり目に 「白点病」 を発症し易い???
それは!..管理の悪い店とかから白点虫の寄生した個体や、白点虫の卵の付いた水草や...
卵やシストが混ざった水を入れたために白点虫が湧く訳で!
一度発症した(湧いた)後、体表から完全に落とし...
水中及び..底に沈んだシストを..完全に槽内から排除・駆除してないからですよ!
それに..何年間..一度も白点虫が湧いたことのない槽で..突然白点が出ることもある?^^
それは!..白点虫(シストや卵も含む)の居る可能性のある槽の水を触った後に...
手を完全に洗浄していなかったり..器具も完全洗浄せずに使い回ししてたり...
白点虫が居る可能性のある..隣の槽の滴の一滴でも入らなければ..絶対に湧くことはありません!
白点虫なんて..完全に排除・駆除しておけば..再度湧くことはないですからね!(^_^)b
それと!..白点虫(卵やシストも含む)は..薬浴や塩水浴では死にませんから!
槽内及び..濾過機器内に..槽に入ってる器具備品など...徹底的に掃除(完全リセット)し...
念には念を入れて!..約50℃のお湯殺菌までを施し..駆除・排除する必要があります。
* その他の寄生虫類についても同様の処置が..必ず必要になります!



金魚は青水飼育や緑苔を食わせてると赤が濃くなる傾向にはありますが...
それとは別に!..冬場の低水温を感じさせると色鮮やかになってきます!(o^-')b

間違っても..水温が18~20℃以下の時に..消化の悪い餌や..色揚げ用の餌は与えてはいけませんよ!
消化不良を起したり..転覆したり..糞詰まりから..腸まんを起したりする危険性が高いですからね!(^へ^)b

体表粘膜の厚さも..真夏場とは違い..冬場は体表粘膜を厚く..魚自身で調節・調整します。
魚は季節に応じて体表粘膜の厚さを調整しますから..添加剤で調整してやろうとする必要はありませんし...
添加剤を入れることで弊害を起しかねませんので..使用しない方が無難です!
魚が体表粘膜的に異常を起こす原因は!
水質異常から..何らかの感染症に侵されてるとか..風邪をひいてる状態で...
体内塩分濃度(0.5~0.7%)のバランスが崩れて..体調が悪い証拠ですので..治療処置が必要です!



金魚飼育の水に浄水器?..そんなもの必要なし!ムダ金!(笑)
金魚飼育には水道水を液体中和剤を用いて中和するだけの水が最適なんです!(o^-’)b
* (最低でも140L~200L以下の水量では..固形のハイポは..1粒あたりの中和成分量的にバラつきが大きいから..使わない方が無難!)
浄水器の濾過膜によってはミネラル分まで濾過して純水にしてしまうものもありますからね!
浄水器を通した水の他に..一度沸かした水での水換えや..水温合わせもNG!
純水や無菌水状態での飼育を続けると..水の比重的に不安定になりますから...
側線で感じる平衡感覚が狂い..神経障害から..転覆もし易いですし!
一番の問題は!..最悪の場合..免疫力の低下を招き..常在菌の餌食になるのがオチですわ!>。<;b



更水越冬でも..舟全体に 緑苔 を..フサフサ状態(5~10mm長)に生やしておけば!
青水同様に..水温低下の抑制効果(保温効果)もありますし...
アオコ同様に..冬眠中の餌にもなりますから..色褪せ防止から..痩せることもありません♪(O^-')b

その上に!...青水状態だと..健康状態も確認し難く..濃度管理を怠ると..赤斑にするリスクも高いですし...
更水管理だと..健康状態も確認し易く..緑苔が水質浄化の役目も果たしてくれるので..水質維持にも優れてます。

青水も..俄か的に作ろうと思えば...
クロレラ錠や..粒餌を粉砕して..水に溶かしてやれば..1~2日で青水にはなりますが...
下手な青水を作っても..日照条件の兼ね合いもありますから...
日照条件が伴わなければ...数日後には澄んでしまうのがオチです!

一説によれば..青水管理の方が..カシラが発達し易いとか言われてたりしますが.....
肉瘤とフンタンは..阿蘭陀獅子頭は放っておいても..そこそこ発達する品種!
蘭鋳も阿蘭陀系に属するけど..与える餌の種類+工夫や..水深の調整(15cm以下)など...
発達し易い環境を作り..造り込まなければ..肉瘤とフンタンは発達しないし...
青水で必ず発達促進されるものではありません!(*^-')!!
肉瘤とフンタンを発達させるには!..舟についた苔を啄ませ..顔周りに刺激を与える方が有効なのです!(^_^)b



特に意味も効果もない..唯にマヤカシ程度のバクテリア添加剤系は要らん!...これ断言!
屋内水槽にての金魚飼育におけるバクテリアは..自然繁殖~定着する環境を整え.....
好気/嫌気共にバランス良く自然繁殖させてこそ!..意味も効果もありますからね!(o^-’)b



添加剤系は入れる意味もないし..弊害も大きいですから!一切使いません!
使うのは..水道水に..液体中和剤のみ!(o^-')b
ちゃんとした..自分の家の環境に合う..独自の飼育環境を整えてやれば...
月々のランニングコストも全く掛からず!
環境/水質/健康面でも..頗る安定した状態が作れます♪(^_^)b

我が家で..月々必要な経費は..餌代のみ!
ウールマットも..4種を組み合わせて使ってるけど..1種6枚入りを買えば..ほぼ1年持つし...
活性炭パックも..6個入りを買えば..約3~4ヶ月持つし...
液体中和剤にしても..屋内水槽だけで考えれば...1年間に1本もあれば十分!(^o^)b
あとは..数か月に一度の水道代だけ!←(屋内水槽のみ/屋外飼育は別!)

金魚飼育を始めるにあたり..設備一式...最低限必要器具・器材等の...
ある程度の..初期投資は必要ですが..高ランニングコストは要るものではないですし...
試行錯誤しながらでも..日々の探求心を忘れず..独自の感性を磨きながら..最適な環境を整える!
金魚飼育は奥が深く..数年程度で極められるものではありませんが...
飼育環境は..個々の家の環境/地域の水道水の水質/個々の金魚の個性等々に適合する...
独自の飼育環境/独自の飼育管理方法を築き上げてこそ!..安定した状態が作れるものであり...
これが...本域の金魚飼育環境作り!

これらを見極めた上で作り上げた..独自の飼育環境及び..独自の飼育管理方法...
これらを完成させてこそ!
金魚飼育における真髄に迫れるのです!  Simple is Best ‼



当歳を入れるために空けた2舟は...舟から..濾過機器も.....
成魚の常在菌を残さないようにするために...完全殺菌洗浄処理!
しかし..若干残した緑苔は..枯らさないようにも処置しました。(^_^)b

魚を移動するにも...昔は自作の玉網なんかも使ってましたが.....
玉網に乗せると..暴れて鰭の親骨が傷むこともあるし.....
最近では..玉網は使わず...手で魚をひっくり返す状態で..優しく掴んで移動してます。(♡^o^♡)
当然!...魚を素手で掴む前は..雑菌や細菌に感染させないように...
各舟毎の魚を触る毎に..殺菌洗剤で手を洗ってますし...手は水温まで..ちゃんと冷やしてますよ♪^^
魚は..人間の体温では火傷してしまいますからね!(^_-)b
魚が人間の体温で火傷することも...このオッサンが昔に..当サイト内で発信するまで.....
全然知らんかった人が.....多かったこと!多かったこと!^へ^x
そして..移動は優しく..素早くしてやらないと...体表粘膜の爛れも起きますから..要注意です!!



夏場に屋外飼育場で..金魚達の世話をしてると..厄介なのは..暑さと...一番は 蚊 の存在!

で...蚊を寄せ付けないように..蚊取り線香を焚いてる方も居るかとは思いますが...
蚊取り線香の成分が水に溶け込んだら..鰭の血走りや..鰓病のような症状を起こし易いのは知ってましたか?!
蚊取り線香の成分は..まだ弱いから..絶対的ではないんやけど...
「虫コナーズ」などの..虫除け剤は..メーカーにも問い合わせしましたけど...
メーカー側からも...金魚の居る水中に薬剤成分が溶け易いので..絶対的に危険 との見解!!
虫コナーズ等の薬剤が水中に溶け込み..中毒+麻痺+痙攣症状を起すと..致死率も高く.....
かなり重篤な状態の鰓病のような状態となり..1.0~2.0%の高濃度塩水浴処置が必要になりますし!
それでも..通常の鰓病と異なり...回復させることが出来たとしても...かなりの治療日数を要します。
実際に..虫コナーズ中毒になった時は..1匹即日死!...残りの子達も回復まで3週間掛かりました!(-_-;)

そんなこともあって...我が家では...屋外飼育場から...
屋内の金魚の近くは勿論!..殺虫剤や防虫剤の使用は厳禁としとります!

なので...夏場に屋外で金魚達の世話をする時には...室内では使えないような...
壊れたから廃棄するつもりだった 扇風機 を..自分で修理して...
暑さ対策も兼ねて!...風の強さで蚊を寄せ付けない ようにしてます♪(o^-')v

蚊は...風速何mか?忘れたけど..^^;
扇風機での..強風程度の風でも...腕とかにとまることも出来ないし...飛ぶことも出来なくなります。



金魚を..県内に里子に出す際にも..金魚用ビニール袋に酸素を詰めて...
クーラーボックスに入れて移送すれば..発泡スチロール箱を準備しなくて良いし.....
ビニール袋や酸素の注入をしなくても..そのまま水を入れて...
乾電池式のエアーポンプを仕込めば..長距離移動も可能だし.....
その他..クーラーボックスの利点としては.....
ライブバッカンだと..エアーは仕込めても..周りの気温に影響され易いから..水温変動が起き易いけど.....
クーラーボックスだと...車内でエアコン(冷暖房)を..ガンガンに効かせても.....
水温変動は..殆ど起きないから..安全に金魚の移動が可能になります!(^_^)b
品評会に魚を持って行くにも...超便利で..安全ですぞ!(^0^)b



褪色も..品種によっては..褪色の時期に大きな差がありますが...
蘭鋳で例えれば...掛け合わせのペアーで..生まれてくる仔に...
白勝ち率が高い組み合わせの場合は..成長と共に..白勝ちになる仔は褪色も早いのですが.....
組み合わせで..素赤率が高いのに...やけに褪色が遅いなぁ..と思う場合は...
一時的に!...pH調整剤や..牡蠣殻を入れるなどして...
水(pH)を若干..アルカリ方向へと振ってやれば..褪色も早くなります♪(^^)b



何で?..牡蠣殻 を多用する人が多いんだろうねぇ?
多分に!..無知な店に勧められたり..間違ったネット情報を拾って実践してるんだろうけど...
牡蠣殻は..入れてもいい環境状態と..入れてはいけない環境状態があるし...
牡蠣殻を溶かし..pH調整だけとか..アンモニア濃度を下げる為の..一定期間だけならいいんだが...
水の酸性度が高くなり..牡蠣殻が溶け出す時は..一気に溶けが始まるから..急激なpH変動とか..
ミネラルも濃度が上がり過ぎると..毒 になる!って知ってますか?
特に..稚魚~当歳魚の飼育に牡蠣殻を入れてると..頻繁に鰓病や赤斑病を起し易くなるし...
成魚についても..常時入れてても問題ない訳ではなく..弊害が起き易い条件まで..熟知してから使った方がいいですよ!

pHを調整するために「牡蠣殻」を使用するのも良いが..入れっ放しで良いと言うものではなく...
入れる量にしても..大量に入れ過ぎてはダメ!
60cm水槽だと..8~10cm大の牡蠣殻であれば..2~3枚も入れれば十分!
水質が酸性に傾いた時に..多量に牡蠣殻を入れてると..一気に溶け出すので..強アルカリ性へと動いてしまいます!
しかしその前に!..何故?..水質が酸性に傾くのか?!
何故?pHを調整しないといけないような水質に変化するのか?...原因・要因は何なのか?
それを先ず!改善しなければ..安定した環境と..無病息災な状態は作れません!

pHが変動する可能性的には...

【酸性に傾く場合】
「過密飼育」/「餌の与え過ぎ」/「水槽容量に対して..濾過能力+構造構築の不足」..に...
「バクテリアが自然繁殖し..好気・嫌気共にバランスよく繁殖する環境が整っていない!」..これらが主なるところ!

【アルカリ性に傾く場合】
「敷石の選択(牡蠣殻や珊瑚砂・珊瑚片が混ざってる敷石はNG)」が間違ってる場合に...
「敷石を入れてる量が多過ぎても..底部の蓄積硝酸塩濃度の上昇」でアルカリへ傾きますし...
「中和剤にしても..中和剤成分以外に..余計な添加物の入った中和剤」は..pH変動し易いですし...
「その他の添加剤」を入れてたりするのであれば..その添加剤類が..pHを変動させてる可能性が大!

基本的なところでは..「水道水自体のpH」に異常がないか?だか...その他に.....
「冬場にヒーターを用いて25℃以上の加温管理してないか?」
「水温合わせに..一度沸かしたお湯を使ってないか?」...
一度沸かしたお湯で水温合わせしてる場合は..水質を安定させるに必要不可欠な...
ミネラル分が破壊されてるがために..pHが変動し易くなってしまいます。



梅雨時期や褪色時は..成魚も稚魚も..かなりデリケートな時期やから...
早く大きくさせようと..下手に食わせ過ぎても..鰓にしてしもたり..突然死など..落とすリスクが高まるからね!
そやから..太さやカシラを出そうと..水も引っ張り過ぎてもアカンし...
今時期は..泡切れが少しでも悪くなっとるかな?って思ったり...
少しでも餌が残ってる状態があったり..餌への反応が鈍いかな?って思ったら..迷わず水換えですわ!(o^-')b
下手に..マヤカシ程度の添加剤を多用しとる人も見かけるけど..良い方向に向いとる例もない!
そりゃそうや!...元々マヤカシでしかないんやし...入れとる意味もおまへんからぁ~ (断^0^言)b
添加剤系を多用しとる者達は..幾ら飼育歴が長くとも..金魚の生態を全く知らん..ド素人!!
色揚げ用の餌も..今時期はまだ早いし...頻繁に与えとったら..消化不良を起させるだけやからね。 (b^-゚)!!
魚造りは..梅雨明けから本格的に飼い込みを始めるので..何も遅くないし...
それに..おっさんの場合は...品評会や会魚造りなんぞ目指してないし..目指す気もないし...
蘭鋳にしても..ち○こカリ首のような..カシラ(肉瘤とフンタン)を..異様にデカくしたがる人が多いけど..^m^;
協会系でも...欠点部位がなくても..頭デッカチで..全体のバランスが悪い魚は...
おっさんの理想とする魚(蘭鋳)からは掛け離れて..プッサイクな魚にしか見えんし!^^
自分の理想形の魚造りは..参歳魚で完成形にするのが理想的やと..おっさんは考えとるからね♪(^_^)b



稚魚の時に鰓に掛けた方が耐性が付いて強くなるとか言う説を聞いたりするが...
こんな話..以前からあるのは知っとったけど...
信じる者は居らんやろ!って思ってたんで..触れもしなかったんやけど...
意外と信じて実践してる者が居たりするので..言っておくけど...
あんなのは..都市伝説と言うか?...全くのデタラメですわ!!(`・ω・´)b
真相を暴露して言うてしまえば!...言い出した奴も会魚造りをしとる者で...
対抗相手と思う者に..この嘘の鰓説を信じ込ませて..鰓にさせてしまえば...
当然の如く!..飼い込みが遅れて..造り込みにも支障が出る訳で...
水質悪化だけの要因での鰓病なら..基本的に薬を使う必要性もなく..塩だけで十分完治するんだが...
水質が悪化すると言うことは...常在菌まで活性化させることに繋がるから!
エロモナス菌なんぞ活性化させてしまった時には..薬浴が絶対的に必要になるし...
治療も長期に及ぶこと必至だし...下手すりゃ..全滅など..死なせてしまうことにもなるし...
全滅まで至らなくても..死なせてしまった中に..上等な仔が居た場合...コレこそが..腹黒い下衆の狙い!!
なんとか治療できたとして..品評会に間に合わせることが出来たとしても...
治療した仔は..何らかの欠点が出てしまったりするから..評価的に低くなる可能性が高まるし...
それらを狙った..心底腹黒い下衆の作り話ですわ!(-。-)y-゜゜゜



梅雨時期の金魚は..かなりデリケートなので!..特に要注意!!
早く大きくしようと..無理な食わせ込みはNG!
突然死を招く結果になることも多いから!..焦らず..無理なく..程々に!

特に稚魚~当歳魚時の..褪色から発色時は..一番繊細な時期ですから!
下手に餌を多く与えたり..下手に刺激を強くすると..簡単に突然死します!💀



一説に..「一度病気になった個体は..その病気(菌)に対しての免疫が出来て強くなる」と言ってたりするが...
実質的には!..それは極僅かな個体であり..殆どの個体は抗体が出来ず..免疫も出来てない状態から...
治療処置により一度回復し...少しの水質悪化など..環境的に変化が生じたり..季節の変わり目になると...
また同じ病気を繰り返したり..他の病気を併発すことも多いのが実質・実状なのである。
◎ 人間と魚は違いますからね!
ヘルペス処置してあるから..ヘルペスにはならない!..とか言う店もあるが..そんなのは絶対的に無意味!
購入に際して..ウチの店は大丈夫だと..懸念・警戒心を無くさせようと謳ってるだけのことである!



金魚は太らせれば..見たくれは良くなるが..それを綺麗で健康な状態と思うのは大間違い!
飼い主が命を縮めてるだけ!..食わせるにも限度がある!!
太らせようと食わせ過ぎては殺してしまう...それをダメだと一向に理解せず...
そしてまた..殺しては購入するの悪循環!..そんな人は魚を飼ったらアカンでしょ!(゙ `-´)/

餌は..食うだけ与えればいいってもんじゃない!
沢山与えて短期間で大きく成長させれば..短命になるだけであり...
そんな飼い方してる者は..ただ単に!..我が儘な飼い主であり...
金魚を..私欲の道具としてしか見ていない証拠である! ̄へ ̄b
金魚を造り込むにも..餌のさじ加減は絶対的に重要であり...
ただ単に沢山食わせても..良い魚は造れないのである!!(ー_ー)!!



日除けに新しく 「簾」 を買った際には! 空の舟に1日浸け込むか?!..流水でよく洗う様にして下さい。
洗った後は..繊維を縦にして! よく乾燥させてから使用するようにして下さい。
簾の材料によく使われてる「葦(ヨシ)」には..若干の毒素が含まれてます!
この毒素を流してから使わないことには..絶対的ではありませんが...
免疫力が低下してる時とかに重なると..稀に赤斑病や鰓病になり..最悪★になることも!
特に屋外飼育での..雨ざらしの場合には..新品は毒抜きしてから使用することをお薦めします。
雨ざらしじゃなくても..エアーのブクブクの雫で簾が濡れて..毒素が入ることもあり得ます!
毒抜き処理をしてなければ..必ず調子を崩すと言ったものではありませんが...
処理をやってなくて..後で後悔するよりは..やっておいた方が無難ですよね!



「 金魚飼育初心者の異常な心理状態 」
= 私も行かなきゃ!
= 良いかどうかは判らないままに..私も買わなきゃ!
= そうじゃなきゃ仲間に入れない!
= そして自分と同じような心理状態+行動を起こす仲間を増やそうと誘う!
これらの行動は..ハッキリ言って 異常です! = 洗脳首謀者の策略に落ちてるだけ!!



飼いたい金魚(品種)は自分で決めるべし!( ̄ー ̄)b
飼うその前に!..金魚について必ず勉強し..十分な環境を整えられないのであれば...
貴方は金魚を飼うべからず!! 金魚が可哀相なだけ!!<(`^´)>
飼う品種を決めるにも..自分で決められないのも優柔不断だが...
人に..「あれにしろ!..これにしろ!」とか..勧めるなんぞ..言語道断!( ̄∩ ̄#



ブログランキング・にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ



◎ 〔 規約・注意・お願い事項/運営理念・信念 〕の記事へ! ⇐ ココをクリック!
◎ 〔 金魚飼育参考書一覧 〕の記事へ! ⇐ ココをクリック!
◎ 〔 金魚飼育..ワンポイントアドバイス集 〕の記事へ! ⇐ ココをクリック!



 当方は 「理念/方針」 に基づき.....治療中や..アドバイスを求める記事を拝見したとしても.....
相談規約を厳守し..正式に相談を受けない限り及び…
相談者様の理念も聞かず..理解もしてないまま..安易にアドバイスは行いませんので悪しからず!



〔 全日本艶鱗会 〕 = (金魚愛情飼育者友の会) へのご参加/ご登録は..こちらから!!
   ↓         ↓
【 全日本艶鱗会 】           【 全日本艶鱗会 会員 + ブロ友 限定公開~交流 掲示板 】
     【 全日本艶鱗会 】               【 全日本艶鱗会 会員 + ブロ友 限定公開~交流 掲示板 】


【規約・注意・お願い事項/マニュアル記事一覧】のページへ   【相談・質問メールフォーム】へ


● 携帯端末からはココをクリックで!
 「規約・注意・お願い事項」から「飼育管理方法」及び「治療管理方法」のマニュアル一覧記事へ!
      ↓                  ↓                   ↓
〔 規約/注意・お願い事項 〕   〔 飼育管理/治療管理..参考書記事一覧 〕   【 相談メールフォーム 】




関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ペット

テーマ : 金魚飼育マニュアル

コメント ( コメント投稿欄は..最下部にあります。)


Re: GLOOMY.Lさん。

Gぴょん♡..こんばんちん〇ぉ~♪^o^ノ

久しぶりだじょぉ~ヽ(^o^)丿

しばらく音沙汰もないし..父ちゃんの容態がよくないって言ってたから...
まさかなぁ?!...しかし若しや?って思ってたけど...
G父ちゃん..亡くなっちゃったのかぁ..(ノД`)・゜・。
そして..もぅ三か月にもなるんかぁ...Gママは?..元気なのかなぁ?
Gぴょんも..Gママも..辛く寂しかったやろし...
G父ちゃんのパワー貰って..元気出してがんばろなぁ。(^-^)
遅くなってしもたけど...
G父ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

うん..ぱぴたんは相変わらずやけど..なんとかやってるでぇ~(*^o^)vニャハッ
アホ&ド助兵衛も相変わらず全開やどぉ~(^o^)丿キャハハァ~

あっ..そぅそぅ!
そんなこととはつゆ知らず..年賀状も出してしもたんやけど..ゴメンなぁ.._(._.)_

そんでもって..金魚達も皆元気にしてるとのことやし...
水槽の本数も2本だけに減らしたんやぁ~(^-^)
ブログも..また気持ち的にも落ち着いたら...
またGぴょんらしいブログを楽しみに待ってるでぇ~(^o^)丿
ぱぴたんは最近..Facebookに居ることが多くなってきたような?^o^;アハハッ
まぁFacebookでは..金魚の話題はあまりしてないんやけどね。^^

富山はかなり雪も積もってるんとちゃうのん?
それに年末年始は..また寒波襲来で日本海側が大雪になるかも?って天気予報で言うてたし...
Gぴょんも風邪ひかんように..毛糸のおパンツ穿いて..^^ 暖かくしてるんやでぇ~(^o^)b

そんなこんなで..また来年もよろぴくねぇ~(*^o^)v
Gぴょんも良いお年を~~~(^o^)丿

ぱぴたんぱぴたんこんばんわ!!

お久しブリでやんス!!
パパが永眠してからそろそろ三か月にかかろうというところです~!
首からパパの遺骨をぶら下げて、いつでもパパと一緒なのだ!
てなもんで、Gは相変わらず元気ですよん!ぱぴたんはどうかな~??
最近天災やら異常気象やら・・・体調も崩しやすいと思うけど、年暮れ年初め、元気に迎えられることを祈ってます!
今年はお年賀は送れないけど、何か考えてるので(笑)
そうそう!!ウチの金魚ちゃん達も相変わらずげんきです!
全ての水槽をリセットしてらんちゅう水槽と、琉金、ぴんぽん、ひとみ様、変り種を合わせた水槽の2つに縮小しました。
またいつか、ブログ再開できたらと思ってるのだけど(汗)
ではでは!





コメントの投稿


【 注 意 ・ お願い事項 】 (2016年08月01日以降...)

金魚飼育に於いて..環境改善から..病気治療に関して...
各記事へのコメント欄に..相談や質問を書かれましても..対応・解答・返信は行いません!
ご質問・ご相談は..必ず!..下記「金魚相談・質問専用メールフォーム」から..お願い致します。

   【 金魚相談・質問メールフォーム 】👈(ココをクリック!)


コメント欄等にメールアドレスは入力しないでください!
心無き者に悪用されても..当方では一切責任は負いません!
メールアドレスを入力して..返信してくださいと記載があったとしても..返信は行いません。
金魚の相談・質問の解答・返信は..専用メールフォームからの相談・質問のみに限り..解答・返信致します。


コメントを非公開にする

| TOP |





【 日本気象協会 tenki.jp 】へ   【GEX ホームページ】へ   【スペクトラム ブランズ ジャパン】(旧 テトラ) HPへ   たまや観賞魚

【徳島県釣連盟】 トップページ へ   【シマノ ホームページ】へ   【KUREHA - FISHING - WEB サイト】へ   【釣りビジョン HP】へ

【徳島新聞】へ   【MARUKYU ホームページ】へ   【OWNER ホームページ】へ   【SUNLINE..HP】へ

【壁紙工房+フリー素材 ジグラット】 へ   【海の素材集 TOPページ】へ   【海の素材屋】TOPページへ   【素材の小路】へ    【グラデーション看板フリー素材/グラデーション看板素材】へ

Firefox Download  Opera Download  Google-chrome Download  Fenrir Sleipnir Browser  【阪神タイガース 公式サイト】へ  【モラタメ】へ